作業服つなぎに必要とされる耐久性とファッション性を追求したアイテムの数々で「ユーザーの心をわし掴みにし続ける…」作業着ツナギの専門通販サイトです。

 |  ▶ TOPPAGE |  ▶ TSUNAGI |  ▶ OVERALL  |  ▶ CASUALWORK  |  ▶ BASICWORK  |  ▶ SHOES  |  ▶ RAINWEAR  |

RSS

品質表示に記載されている洗濯絵表示について、お洗濯前に知っておきたいこと

洗濯前に知っておきたいこと


 ■ お洗濯の前に知っておきたいこと ■

  衣服(繊維製品)の性能を少しでも持続させて頂く為には、品質表示を理解しておく必要があります。
  『家庭洗濯等 取扱い絵表示』は繊維製品の品質保持を目的とした重要な情報となります。
  ここで、洗濯表示について理解して頂き、他の製品のお手入れにもお役立て下さい。
  ※『家庭洗濯等 取扱い絵表示』以外に、付属ラベル・注意事項をチェックして、その指示に従って下さい。


洗い方(水洗い)について


 ≪洗い方(水洗い)について≫

記 号
記 号 の 意 味
記 号
記 号 の 意 味
水温は95℃を限度として洗濯機による洗濯ができる 液温は、95℃を限度とし、
洗濯機による洗濯ができる。
水温は30℃を限度として弱水流、または手洗いがよい 液温は、30℃を限度とし、
洗濯機の弱水流 又は 弱い手洗いがよい。
水温は60℃を限度として洗濯機による洗濯ができる 液温は、60℃を限度とし、
洗濯機による洗濯ができる。
水温は30℃を限度として手洗いがよい 液温は、30℃を限度とし、
弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)。
水温は40℃を限度として洗濯機による洗濯ができる 液温は、40℃を限度とし、
洗濯機による洗濯ができる。
液温は、30℃を限度とし、
弱い手洗い(洗濯機は使用できない)に
中性洗剤の使用がよい。
水温は40℃を限度として洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい 液温は、40℃を限度とし、
洗濯機の弱水流 又は 弱い手洗いがよい。
水洗いはできない 水洗いはできない。

塩素漂白の可否について


 ≪塩素漂白の可否について≫

記 号
記 号 の 意 味
記 号
記 号 の 意 味
塩素系漂白剤による漂白ができる 塩素系漂白剤による漂白ができる。 塩素系漂白剤による漂白ができない 塩素系漂白剤による漂白ができない。

アイロンのかけ方について


 ≪アイロンの掛け方≫

記 号
記 号 の 意 味
記 号
記 号 の 意 味
アイロンは高い温度でかけるのがよい

アイロンは210℃を限度とし、
高い温度(180〜210℃)で掛けるのがよい。

アイロンは中程度で当て布をしてかける

アイロンは160℃を限度とし、
中程度の温度(140〜160℃)で
「当て布」をして掛けるのがよい。

アイロンは中程度の温度でかける

アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度
(140〜160℃)で掛けるのがよい。

アイロンかけはできない

アイロン掛けはできない。

アイロンは低い温度でする

アイロンは120℃を限度とし、
低い温度(80〜120℃)で掛けるのがよい。

ドライ・クリーニングについて


 ≪ドライ・クリーニングについて≫

記 号
記 号 の 意 味
記 号
記 号 の 意 味
ドライクリーニングはできる ドライ・クリーニングができる。
溶剤は、『パークロルエチレン』 又は
『石油系のモノ』を使用する。
ドライクリーニングはできない

ドライ・クリーニングができない。

ドライ・クリーニングができる溶剤は石油系

ドライ・クリーニングができる。
溶剤は、石油系のモノを使用する。


絞り方について


 ≪絞り方について≫

記 号
記 号 の 意 味
記 号
記 号 の 意 味
手絞りは弱く 手絞りの場合は弱く、
遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい。
絞ってはいけない

絞ってはいけない。


干し方について


 ≪干し方について≫

記 号
記 号 の 意 味
記 号
記 号 の 意 味
つり干し つり干しがよい。 平干し 平干しがよい。
日陰のつり干し

日陰のつり干しがよい。

日陰の平干し

日陰の平干しがよい。


注意書きとして明記されている言葉…など


 ≪注意書きとして明記されている言葉…等≫

  ◆「ネット使用」
  ◆「移染注意」(色移りに注意)
  ◆「吊金具を外して洗って下さい」
  ◆「スチームアイロンが望ましい」
  ◆「酸素系漂白剤も使用しないで下さい」
  ◆「直射日光注意」



作業服・つなぎ販売のサンライド
Copylight(C) sunride All Rights Reserved
画像や文章テキストなどの無断転用や使用はお断りしております。

ページトップへ